見て分かるUnityゲーム制作超入門

Unityを準備しよう! - Unityの表示と操作の基本を覚えよう

登録タグ
Icon comment count 0
Icon stock count 0

1章2節 Unityの表示と操作の基本を覚えよう

Unityのウインドウには、さまざまな部品が組み込まれて表示されます。これらがどんな働きをするのか、基本的な操作はどうするのかを知らないと、ゲームは作れませんね。そこで、これらの基本について頭に入れていくことにしましょう。

エディタウインドウの基本構成を頭に入れよう

では、Unityの編集画面(エディタウインドウといいます)の概要を、ざっと説明しましょう。Windowsの人は、まだ編集画面を開いていませんが、とりあえず「こういうふうになっているんだ」という程度に読んでください。あくまで「おおまかな説明」ですから、アプリを操作しながら読む必要はまったくありません。

ひと通り説明はしますが、これは「今すぐ全部覚える」というものではありません。覚えられないからって悲観しないでいいですよ。これからUnityを使って作業をしていきますが、そのときに、「あれ、これってどういうものだっけ?」と思ったら、ここに戻って役割を確かめる―そんな具合に利用してください。

:Unityの編集画面は、1枚のウインドウの中にいくつもの編集用パーツを組み合わせたような形をしている。

なお、ここでの図は、わかりやすいように、実際にゲームのプロジェクトを編集しているときの画面を使っています。ですから、今、皆さんの目の前に表示されているUnityの画面表示とは、ちょっと違うかもしれません。

出典情報

Medium

見て分かるUnityゲーム制作超入門

  • 著者: 掌田 津耶乃

コメント

    コメントはありません