Swiftスタートアップガイド

Swift開発の準備を整える - 1-1 SwiftとMac/iOS開発

Icon comment count 0
Icon stock count 9

1-1 SwiftとMac/iOS開発

ポイント:ビギナーにもやさしいSwift

  • Objective-Cはわかりにくい。2つの言語文法が合体した形になっており、慣れないと混乱する。また、やたら記述が長ったらしくなるのも問題。
  • 言語の基本設計が既に古くなっており、昨今のモダン言語に比べると文法的に見劣りする部分がある。
  • メモリ管理など面倒な部分が多い。自由度は高いが、それが逆に多くのバグを誘引する遠因となってもいる。

 こうした問題を解決することができれば、今まで以上に幅広い人間がMacやiOSの開発に参加してくれることを期待できるでしょう。そこで開発されたのがSwiftでした。

 Swiftは、快適にプログラミングを学び、コーディングできることを考えて設計されています。この特徴を整理すると以下のようになるでしょう。

  • 「プレイグラウンド」というインタープリタ的にソースコードをその場で実行し、評価できる機能を標準搭載している。これにより、プログラミングに不慣れな人も少しずつ動かしながらSwiftを学ぶことができる。
  • モダン言語で採用されている便利な機能を大幅に取り入れており、わかりやすく、しかも強力な文法になっている。

 こうした多くの特徴により、SwiftはObjective-Cにはなかったビギナーにもやさしい開発言語に仕上がっています。

 

出典情報

Medium

Swiftスタートアップガイド

  • 著者: 掌田 津耶乃

コメント

    コメントはありません